【FX】FXのスプレッドついて解説?

今回はFXのスプレッドとはについて解説していきたいとおもいます。

子の記事ではFXのスプレッドの仕組み口座選びやトレードの際に気をつけることについてお話していきたいと思います。

FX初心者の方の中にはスプレッドは手数料みたいなものと聞いたけど細かいことはよくわからない、額も小さいしそんなに気にする必要ないんじゃないのとを思われている方も多いです。

確かにトレード一日一回のスプレッドによる損失額は少ないですがこれからの長い投資家人生を考えると無視できません。

チリも積もれば山となりますからスプレッドの仕組みをしっかりと覚えておいていただきたいと思います。

スプレットとは?

まずスプレッドとはトレードする通貨ペアの買値と売値の開きの事を指しこれがFX会社の実質的な取引手数料となります。

FXの取引では基本的にスプレット以外のコストがかかりませんからこのスプレッドがFX会社の儲けになるのです。

このようにしてFX会社は売買のたびにトレーダーから少しずつ実質的な手数料を徴収しています

FX会社も慈善事業ではありませんから手数料を取らないと潰れてしまいます。

為替市場との集会をしてもらってるから仕方ないかと思っておきましょう。

スプレッドは通貨ペアによって多少の差があっりだいたい0.3から5pips程度に設定されています。

0.3銭とかすごく少額だけど気にする必要あるのかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かにスプレッド自体は小さいのですが実はバカにはできません。

FXではレバレッジをかけて大きなロットで取引をします。

FXの利益損失は取引量かける値幅で計算できます。

スプレッドがわずか0.3銭、円に直すと0.003円でも1万通貨で取引をしていたとすると1万通貨かける0.003円=30円です。

トレードをするたびに30円払うと思えば意外と大きくないです。

しかも先ほどのスプレッド0.3銭という例は最も狭い水準なんです。

通貨ペアによっては0.03円の開きがあったりもします。

そんな通貨ペアだとトレードのたびに1万通貨×0.03=300でも払うことになるんです。

ここまでの解説でトレード1回あたりの実質的な手数料が意外と高いことがおわかりになったと思います。

スプレットに関する注意点

取引回数が多い短期派トレーダーの方は特にですけどスプレッドに関してはこちらの二点に注意しましょう。

1点目はスプレッドの狭いFX会社を選ぶことです。

2点目はスプレッドの狭い通貨ペアを選ぶことです。

同じ商品を売っていても店によって値段が違うのと同じようにスプレッドはFX会社によって異なります。

取引するFX口座を選ぶときはなるべくスプレッドが狭いFX会社を選びましょう

例えばドル円のスプレッドが0.3銭のA社とスプレッド一銭のB社ではトレード1回につき0.7銭分の差が出ます。

仮に1万通貨で取引する方なら約70円の差ということです。

トレードの回数が最も多くなるスキャルピングで例えば1日5回月僅かトレードするとすると1カ月に350円かける20円で7千円もの差が出るんです。

年間にするとじつに84,000円もの差になります。

これはとても大きいことです。

スプレッドの狭いオススメのFX口座はdmmFXです。

こちらは口座数が国内第一位です。

メジャー通貨やマイナー通貨ともに業界最狭水準のスプレッドに設定されています。

取引コストを抑えられるので短期はのトレーダーには特にオススメです。

トレードの際にスプレッドの気をつけるべき2つの2つ目のポイントは通貨ペア選定です。

なるべくスプレッドの狭い通貨ペアを選びましょう

こちらもFX会社の例と同じで1回のトレードでみると小さな差なんですけれどもトレード回数が増えれば増えるほどその差が大きくなります。

ドル円やユーロドルユーロ円をドル円といったスプレッドの狭い通貨ペアをメインに取引すれば無駄なコストを抑えることができます。

まとめ

ということで今回はFXのスプレッドについて解説せていただきました。

FXで勝つ為にはトレードの技術を磨いて利益を積み上げることも大事ですが無駄なコストを発生させないことも重要です。

スプレッドにこだわって取引東西通過ペンを選定して賢くお得にトレードしていきましょう。

おすすめの記事