【FX】FX為替(FX)初心者と中級者用 DDとNDDの違い!

今回は前回に引き続き為替の実際に世界的にどういうふうに取引されているかの仕組みの話と初心者の方と中級者の方は絶対に知っておくべき為替の業者選びについて語っていきます。

その24時間動くシステムについて話をしていこうと思うけれども基本的に先ほど挙げたその企業による実需っていうのは日本で言うとすればとトヨタさんとか等々上場企業や海外で頑張ってらっしゃる大きな企業さんが外国の通貨を交換しなきゃいけないとか契約で外貨が必要だからとかいろんな思惑があり単純取引って言っても投機のための取引もあります。

そういう大きい企業さんが実需として為替を注文しなきゃいけない時は日本でいうとみずほ銀行や三菱UFJ銀行さ三井住友銀行さんなど大手の銀行さんが代わりに取引を実際に行います基本的には銀行と銀行同士が世界中の取引をしています。

で実際の注文は企業から来てるんですけれどもその注文銀行が代わりにだして取引をしているので金融の大きな市場のことをインターバンクって言うんですけれども国際的なそのインターバンクの中では主にディーラーとしては銀行が目立つます。

我々がどうやって取引するのかといったらもう株と一緒で為替には為替を専門に行っている証券会社がありますので証券会社がして為替の口座を開けまして取引をするという感じです。

DDとNDD

これからは勝率につながってくる話なので注意して話を聞いてほしいんですけれども日本国内の為替に関する業者さんは残念なことにNDD方式という取引の方法をやってます。

それは何かというとお客さんが注文出したものを実際のインターバンクに流すことなく自分たちでその途中もうをしたということにして逆の反対売買をします。

これを相対取引って言うんですけれどもいったいどういうことが起きているかというとお客さんはドル円を買ったことにしてで自分たちはドル円を売ったことにするんです。

これで為替っていうのはドル円を買いたい人がいたら逆に売りたい人とくっつけないと注文が通らないんです。

なので注文が成立しないんです。

ドル円を買うということはドルを買って円を売るわけなんです。

ドル円も売りたい人っていうのはドルを売って円を買いたい人がいるわけなんです。

売りたい人と買いたい人2人がいないと注文が成立しないです。

ねなのでこれを注文する人を本来はインターバンクに出力して探さなきゃいけないんですけれども自分達がこのもう片方の注文相手になることによってインターバンクに続くする必要なく円滑に顧客 no 中も流してるんです。

これが何が問題なのかと思うんですけれども相手て放ってお客さんが得すると証券会社は損するんです。

だからお客さんが設ければを設けるほど先ほど注文を出しことになるってしましたけれどもお客さんがドル円を買ったとします。

これが実は一週間後にすごい上がって1000万の利益が出るとします。

でもその注文を流すことなく自分で受け持っちゃってるので1000万損失が出ました。

でこれを繰り返していけばDD方式の会社は潰れるって事がわかるじゃないかDD方式の証券が資産は損をするお客さんを囲うことが自分たちの利益になるわけです。

他にもDD方式のデメットなんですけれどもまあそれはさすがに言わないようにします。

でもだいたい先ほどお話しした理由からこの関係を考えればその他色々な問題が発生することは想像に難くないのかなと思います

そのDD方式っていうのは基本的にお客さんといい機装版の関係にあるので号座を開設しないでほしいと思います。

DDなのかそれ以外になるかとかいうところまで業者を調べるのが私たちたちの中では当たり前なんですけれども現実こういう業者の話をすることは一般の人が知らないのが現状です。

これはぜひ共有してほしい知識の一つです引き続き業者について話します。

どんな業者のタイプがいいのか私がお勧めするのNDDというタイプです。

まだNがついているというのはNOTとかNOTか言う意味でDDではない業者の人たちををする。

NDDのはもうまさに我々の注文をそのままインターバンクに流してくれるわけです。

が本来は銀行とかお金をかなり盛ったヘッジファンドとかじゃないとり直接取引する事が出来ないんですけれどもそれをインターバンクに接続している証券会社を使うNDD方式を使うと私は注文が即インターナショナルなマーケットに流れて取引をするのデメリットはスプレッドが大きいんですけどそれは当たり前でさっきの話はDD方式の業者ってのは相対取引をすることによってお客さんをが損した場合のみ利益を得るっていう数量本来の手数料であるスプレッドは極小でお客さんを呼び込んでいるでもNDDのその相手取り機のかやってませんからお客さんがもうけようが損傷が一切こちらの利益も出てこないです。

そのようになったら唯一利益を出すところスプレッドってなっちゃいます。

なのでスプレッドがや開いてそのスプレッドの間でNDD方式は利益を出しているってことですこれは健全な理由なんです。

だからNDD方式を採用している業者さんを是非取引してほしいなと思います。

さらにNDDの中でもこだわるならSTPという方式EDNを方式があっていたらとりあえずのSTPかECNどちらでもNDDなのでSTPっていうのは先ほど話したNDDに対する一般的ススメと一緒でインターバンクにに接続するんですけれどもその間にNDD方式の業者さんが挟まるとなので僕らは直接インターバンクり注文はしてなくてNDDの方式の業者さんに一旦注文を投げてそれを業者さんがインターバンク市場に流してる訳なんです。

いったんそのNDD方式の業者さんが入ることによってスプレッドが抜かれるというこれは先ほど話した通り健全な理由で抜かれるとトップクラスの一回などの取引が1億円ぐらい取引とかをポンポンを投げるような為替でご飯食べてるような人たちはスプレッドのせいで超高速取引しても利益が出ないとかいう人がいたりとか色々な理由があってSTPじゃなくてECN僕が使っているという方がいてでECNっていうのはもう業者さんを通さないんです。

我々がポチッと注文したらそのままインターバンク市場に流れるんです。

だからも我々はをもはや銀行と同じ市場で戦えるんです。

もうここまで個人投資家の環境というのきてるんです。

だから少し前まではあの機関投資家とかそういうたちは特別な情報を得れて彼らしか取引できない有利の市場があるとか言われたんですけれども今はもうどんどん開かれていてついに我々は機関投資家や銀行さんその他もろもろビックリールをするような人たちと同じ立ち位置で取引することができるになったんです。

業者の利益

これは業者はどうやって利益をあげているかということなんですけどももちろんスプレッとなんて掲示してませんからどうなるかというといわゆるインターバンク市場いわゆる電子取引市場から契約をしてましてうちのお客さんが相手のシステムを利用して注文した場合に一定のFEEをくださいという話をしているんです。

なので我々が取引すればするほどその取引上からECNタイプの業者にFEEが入るわけです我は業者を信頼することなく必要な分だけは注文を通すことができて注文をしてくればしてくれるほどますます取引をしやすいような環境を作ってくれているという健全なものです。

まとめ

まとめるとこういうインターバンクがでそれに銀行さんが重い取引して企業は銀行当社注文しているとで我々は少し前までは直接インターバンクに注文することできなくて来なかったけど今はもう同じラインに立てるようになったのでぜひDDCではなくNDD方式の中のECNとかSTP方式の業者を解説をおすすめします。

24時間国って言ったんですけれどもその中でも主に3つの時間が一番値動きが値動きがある取引量があると言われていて為替が大きく動く時間はまずニューヨーク時間でロンドン時間そして最後に日本時間があります。

で取引量で言うと今のところ私がロンドンが一番多くてその次ニューヨークが多くて日本がくる感じでしたなんで取引するイメージでいうとたて日本の為替時間を言うと日本時間っていうのは朝の9時から始まってだいたい3時ぐらいまでが日本の母その時間ででロンドンロンドンタイムが始まるのはだいたい日本時間が終わった4時からだいたいよ夜24時までがロンドンタイムといわれますどタイムとニューヨーク時間は若干重なりますが21:00から主に取引がスタートされます。

以上DDとNDDの違いでした。

おすすめの記事