【FX】FX初心者のためのFXの4つのリスク

それではFXの4つのリスクについてお話ししていきたいとおもいます。
FXは数ある投資方法の中でもハイリスクハイリターンな分類に入ります。

FXをするならどんなリスクがあるのかまたリスクにどのように対処すればいいのかを事前に知っておく必要があります。

FXの代表的なリスクは

1為替変動リスク
2金利変動リスク
3流動性リスク
4地政学リスク

の4つがあります。

これからそれぞれのリスクの意味と対処法を解説します。

 

4つのリスク

為替変動リスク

1つ目のリスクは為替変動リスクです。

その名の通り為替レートの変動によって損失が出る可能性があるよということです。

例えば100円で1ドルを買った後にドル円の交換レートが1ドル90円に下落すると10円分損します。

これが為替変動によるリスクとなります。

為替変動リスクへの対策として一番重要なのは必ず損切り注文を入れることです。

つまりあ中締め1トレードで許容できる損失額を決めておき許容額まで損失が拡大したら自動的に決済されるようにしておきましょう。

つまり100円で1ドルを買ったけれど交換レートが2円下がって1ドル95円になったら自動的に損失を確定させてねという損切り注文を入れておくとどんなにレートが下がろうが5円以上の損失を負うことはないということになります。

どんなに優秀なトレーダーでも相場が思惑と逆に動くことは日常茶飯子です。

事前にリスクをケアしておくこともトレードの技術としてとても大切なことです。

これはリスク管理とも言います。

為替変動リスクへの対策はもう一つありそれは勉強することです。

本や動画などで勉強して相場の分析力を磨いておけばより精度の高いエントリーができるようになります。

金利変動リスク

2つ目のリスクは金利変動リスクです。

FXで取引するのは2つの国の通貨がついになった通貨ペアです。

従って2国間の金利差によって発生する swat ポイントもFXの収益源の1つとなります。

各国の金利は定期的に見直しが行われますので金利の変更によってスワップポイントや為替レートが変動する恐れがあるということを金利変動リスクと言います。

金利変動リスクへの対処法で最も重要なのは経済ニュースを確認するクセをつけて金利に関する情報をキャッチすることです。

金利の上げ下げといったニュースは比較的大きく取り扱われますのでトレードの対象としている通貨の金利情報にはアンテナを張っておくようにしましょう。

流動性リスク

3つ目のリスクは流動性リスクです。

各国の通貨はそれぞれ流通量が異なります。

米ドルやユーロポンド日本円といったいわゆるメジャー通貨は取引が活発で流通量も多いんですがトルコリラや南アフリカランドなどのマイナー通貨はルー2浪が少なく
時期や時間帯によっては取引量が極端に減るという特徴があります。

取引が活発でないマイナー通貨は場合によっては利益確定や損切りの注文が成立しないこともある。

想定上の損失が出てしまうこともありますこれがFXの流動性リスクです。

流動性リスクに対処するにはメジャー通貨を中心に取引をすることが最も効果的です。

マイナー通貨の取引は控えるまたは少なめの量にしておくと良いでしょう。

地政学リスク

4つ目は地政学リスクです。

地震や洪水といった自然災害政治面での衝突や治安の悪化といった要因も為替相場に大きな影響を及ぼします。

国を取り巻く自然環境や政治情勢によって為替相場が急変するリスクを地政学リスクと言います。

例えば大きな地震によってインフラが脅かされると景気によってはマイナス要因となりその国の通貨は売られやすくなります。

オーストラリアやカナダといった資源国の通貨は原油価格と密接な関係があり原油価格が下がると資源国通貨は売られやすくなるというのも地政学リスクの一例です。

地政学リスクへの対処もニュースなどからの情報収集を欠かさないことが基本です。

自然災害を予期するのは難しいですがどの国がどんな政治的不安を抱えているのかを知ることはそれほど難しくはありません。

情報収集をしておけば政治的なリスクを抱える国の通貨の取引量を減らすといった対策を講じることもできるのです。

fx の4つのリスクに関する解説は以上になります。

まとめ

為替変動リスク金利変動リスク流動性リスク地政学リスクと上手に付き合いながら安全なトレードを心がけていきましょう

おすすめの記事