【FX】初心者のための円安・円高になる為替の仕組み

今回の動画はFX基礎編円高円安の仕組みについて説明をしていきたいとおもいます。

円高円安とは?

まず円高円安の仕組みについて説明をしていきたいんですけれども1ドル100円でまず前提として基準で1ドル100円があるとします。

この時1ドル110円と1ドル90円のパターンを見た時に1ドル110円になった時円安ドル高そして1ドル90円になった時円高ドル安というにです。

あくまでも相対的なものです1ドル100円の時に比べて110円になったら円安ドル高1ドル100円が90円になった時円高ドル安という名前がついています。

この時こういう疑問が起きるかと思うんです。

数字がちっちゃくなっているのに円高数字が大きくなっているとき円安というようなで疑問が出ると思うです。

100円が110円なっているのに円安円が安くなっている100円が90円になっているのに円高円が高くなっているとというような疑問が結構おきるんです。

これをで覚えたとしても時々一瞬わからなくなってしまうくらいこのややこしいんです。

この円高円安という表記がこれなぜかというとこの一般的にその1ドルいくらっていう表記をしているっていうのがですね原因なんです。

じゃあその説明をわかりやすく説明していきたいんですけども1ドル100円があります。

それに対して先ほどと同じように1ドル125円1ドル80円という表記が値動きするわけです。

ここで考えて欲しいのがこの1ドル125円1ドル100円1ドル80円っていうこの表記の仕方よく見ると思います。

この1ドこの表記って何を基準にしてるかっていうとドル基準なんです。

ドル基準で見たとき1ドルのものが125円1ドルのものが100円1ドルのものが80円ということでドルを基準にした表記の仕方がこの1ドル100円という表記なんです。

例えばこの時1ドルという商品があったとします。

1ドルという商品があった時にある日100円でした。

100円で1ドルが売ってんのかという状態です。

じゃあこれが125円でいつの日かになっていたとします。

1ドル125円だった時にドル高なんです。

逆にある日100円と思ってたら見に行ったら1ドルが80円なってると思うんです。

この時どうも買ってとは取るやすくなってるって思うわけです。

このようにドル基準で見るときにドル高ドル安っていうのはとってもわかりやいいんです。

1ドル100円で売ってたものが125円はドルが高いと思うわけです。

100円が80円で売ってたらドル安いと思うわけです。

なのでドル基準で見たときにドル高ドル安というのはとてもわかりやすいです。

ではここで円を基準にして物事を見てみたいんですけれども今この1ドル100円という表記はドル基準で見ているので円を基準でみたいと思います。

ではこの1ドル100円というのを100円で何ドルかという表現です。

100円で何ドルという表現にすると逆転しただけなんですが100円が1ドルという表現になります。

次にこの1ドル125円というドル基準だったものを円基準で変換させるつまり何100円が何ドルだのっていう表現をしてみると100円=0.8ドルなんです。

この1ドル125円を計算すると100円=0.8ドルになります。

次は1ドル80円というのを100円はいくらですかっていう表現にすると100=1.25ドルという表現なんです。

この1円ってしてしまうとこの0.008ドルとか細くなってしまうので100円というわかりやすい表記をしているんですけれどもこの時に例えば100円という商品があります。

この時にある日は1ドルだったんです。

この時に0.8ドルになったとしたら海外の人とかですねドルを持ってる人から見るとこれ円安くなってるて思うわけです。

そして逆に100円が1.25ドルになったら円高くなってるっていう風に見えます。

このように見てもらうともともとは1ドル125円というものがこれに変換されて100円=0.8の変換されてそう見ると円安とか円高って分かりやすいです。

最終的にこれで何が言いたかったかというとややこしい理由ってここに集約するんです。

皆さんが一般的に見る1ドル125円1ドル100円なりましたっていう表記がドル基準なんですが、でもなぜかニュースとか新聞とかではですね円高になりました円安になりましたっていう表現をするんです。

これその円高円安という表現って円を基準にした見方なんです。

ドル基準でこのですね数字上は表記しているのになぜか口頭で説明する時はですねなぜか円安円高みたいな表現をしてこの表記がドル基準に説明は円基準っていうあべこべな状態はですねこの円高円安のややこしさを生み出しているということです。

メリット・デメリット

円高ドル安ですね円高ドル安もメリットとデメリットについてですね説明をしていきます。

まず円高ドル安ということでだいたいこういう時安くなった方を基準に考えていくとこう自分の実体験に基づいて分かりやすくなってくると思うんです。

円高ドル安の場合はドルが安くなっている相対的にドルの価値が安くなっているんです。

つまり日本から見てどうドルで買えるものが安くなっている状態という風に捉えることができます。つまりメリットで言うと輸入業です。

海外のものがやすくなっている状態なので輸入業が良好てもになったりとかですね
私たちが日本円を持った状態で海外に旅行行った時とか円の方が強くなっている円高になって円の方がつを行っていますので海外旅行がとてもお得になるんです。

大してそれと逆ですね反対に輸入業が盛んになると逆に輸出業が不調になってくるんです。

あとは日本円がですね円の価値が高くなっちゃってるので日本への旅行者が減少してそして観光業がですねちょっと不調に陥っちゃったりします。

では逆に円安ドル高のメリットデメリットは円が安くなっているというふうに思うと相対的に円が安くなっているつまり海外から見て円で買えるものがですね色んなものが安くなっている状態と見ることができます。

つまりメリットとしては円で買えるものよる日本国内の物が海外で見るとはやすくなっているというふうに見ることができるので輸出業が校長になったり海外から日本に来れば自分の同じものでも相対的にいっぱい買うことができるようなので日本への旅行者はですね増加したり観光業が好調になったりします。

それの反対としてはやはり輸入業とか海外旅行がですね自分たちにとっては不利になったりするわけです。

日本ではやはりその輸出業とか観光業がやはり日本のですねメインとなってきますので円安ドル高になればなるほどお日本が元気になっていくという傾向があります。

そして次なんですけれどもこの為替が動く理由レートが動く理由について深めていきたいんですけれども例えば景気が悪くなった金利が低くなった貿易が赤字だといった
このマイナス要因の情報が世の中に流れると世の中の投資家とか機関投資家がどのように考えるかというと危ないから通貨を手放そうという考え方になります。

通貨の価値が低くなっていくのでドル安とか円安というふうに方向に進んでいきます。

このに通貨の価値がですねやすくなっていくということでやはりマイナス要因が膨らむほど安くなるという風な方向に進んでいきます。

逆に景気が良くなる金利が高くなる貿易が黒字になるといった要因が流れてくると安全だしお得だから通貨を買おうという方向になるわけです。

すると通貨の価値が高くなるのでドル高とか円高といった方向に進みます。

為替が動く理由というのはこのレートっていうのは2国間のレートのが基本ですのでこの2国間で相対的な力関係でこのレートが動いていきます。

たとえ一方の国が全く変化がないとしても一方の国がですね景気がよくなったりとかいう情報が流れると円高円安とかに流れていくということになります。

そして最後にですね為替レートとか株価もそうだったりするんですけれども世の中のレートは予想とか感情が支配する世界というのをですねご紹介しておきたいんです。

例えばこれなんですけれどもアメリカの雇用統計というものがあります。

毎月の一番最初の金曜日にこのアメリカが毎月毎月この雇用統計というのを発表していきます。

この高統計の主な内容としては非農業部門の雇用者数がどうなったかそして失業率がどうなったかと結果をどんどん発表していくんです。

このアメリカの雇用統計を基にですね投資家は売買をしていくことによってこのレートが結構この時期にあの大きく動くという傾向がありますでこの予想感情が支配するということをですね示すために良い全く同じですねヒーローを業部門の数値失業率の数値が全く同じタイミング同じ数値です要するに実績としては変わらなかったということなんです実績としては変わらなかったしかしこれ見てもらうと結果としては下がっていく一時期上がったんですけども最終的に下がっていくそしてこの二回目の時は上がってその上がり続けていくというふうに雇用統計の結果は全く同じなのになぜか為替の動き方が違うという状態なんです。

もし数字はすべてがを決定するという前提に立つならば同じ雇用統計の数字ならば同じレートに落ち着くはずなんです。

でも全く違うこれはなぜかっていうと予想より良いか悪いかということで為替が動いてしまうのでこのような違いが起きるんです。

例えばちょっとした情報をテロが起きたかもといった情報だけであのに為替が動いたりとかこの雇用統計であれば今回の発表はもっとを業績よくなっているだろうと皆が思った状態で結果が出た時にこんなもんしか結果が出なかったの失望したということで失望売りっていうことでレートが下がっていったりとかっていうことでこの予想より良いか悪いか感情でいい上がるか下がるかといったことがですね決まっていくということで予想より良いか悪いかそして感情面で不安とか安心とかって言ったことでレートは動いていくのでこの為替というのは予想とか感情で動くんだよということを一つ頭に入れておいてください結構ファンダメンタルな部分で分析していくと数値がこうだから上がっていくはずだって思うことがよくあるんですけども実際はあのそれ通りに動かないんです。

でもどちらかというと感情で動くというのが為替なので感情を読み切れるかというところも一つ大事な要素になってきます。

おすすめの記事